2007年09月17日

渚のシルエット

小説・詩 ランキング

夕陽に二人

u_06.jpg

夕陽に二人
溶けて行く
裸足で波と戯れる

ささやく潮風
見つめる瞳が
揺れている

月の光が二人
照らしている
砂混じりのTシャツを
脱ぎ捨てる

降り注ぐ流れ星
願いごと 同じこと
聞こえている

細い肩抱き寄せて
くちづけ
涙がひとつぶ流れる

果てしない時が
過ぎて行く
どこまでも二人
墜ちて行く


小説・詩 ランキング
ラベル: 詩人 隼駆
posted by shunk at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2003年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。