2007年09月15日

雪化粧

小説・詩 ランキング


丘の上 迎賓館

yukigesyo.jpg


丘の上 迎賓館
眼下の異人街は
うっすらと白をまとう
人影の無い 麗かな昼下がり


太陽のささやきが
ロングコートの背中を撫ぜる
そして君は僕と


屋外の彫刻 三体の老人
悲しみと楽しみと慈しみ
その佇まいを
二人の瞳に焼き付けて


丘の下 白い街へ
動いてゆく時間
動かないショーウィンドウ


僕たちは
感情を忘れた旅人達
刹那の彼方へ
孤独を携えて歩いて行く


小説・詩 ランキング
ラベル: 詩人 隼駆
posted by shunk at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2003年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。